一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会(JALO) 北海道チャプター公式ページへようこそ。

 

 

オーガナイズの日 チャリティイベント終了しました

 

【チャリティイベント開催のご報告】

オーガナイズウィークチャリティイベント in 北海道「手に入れよう! 自分のための 『選択力』災害時にこそライフオーガナイズ」を、5月18日(土)に開催いたしました。
 
当日は初夏のようなさわやかなお天気で、約50名の方々にご参加いただき、おかげさまで盛会に終わることができました。
ご参加くださった皆さまに、心からお礼申し上げます。
 
このイベントでは、「思考を整理して行動を選ぶ」というライフオーガナイズの手法が災害時にも生かせることをテーマに、参加者していただいた方が、安心な暮らしや災害への備えについて考え、具体的な行動を始めるきっかけとしていただくことを目的とした、リレートークとセミナーを行いました。
 
ライフオーガナイズの考え方についてのミニセミナーから始まり、リレートークでは、世代も住まいも家族構成も違う3人のライフオーガナイザーが、昨年9月の北海道胆振東部地震における実体験をそれぞれ振り返り、あの日、何を感じて、自分にとって何を優先すべきかを考え、どのような行動を選んだかをお伝えました。
人それぞれ、それぞれの家庭によって、優先することが違い、それにより選ぶ行動も違ってくることや、思考の整理をしてから行動を選び、実際に行動に移していく過程を、参加者に実感していただきました。

セミナー「選べることから不安を減らす!心と行動のオーガナイズ」では、行動を先延ばしにしてしまう心理的な仕組みを踏まえた上で、参加者の方々にワークに取り組んでもらいながら、不安な感情を減らし安心を増やすために、感情・思考を言語化して、自分が選べる行動を考えていきました。
会場では、参加者同士で和やかに積極的に意見を交換する場面も見られ、具体的な行動につなげるモチベーションが高まったようです。
 
参加いただいた皆さまからは、
「あらゆる場合を想定して、自分の考えを選択して行動に移すことの重要性を実感することができました。」
「具体的な行動をしたいと思いました。自分に合った方法を見つけたいと思います。」
「優先順位がより明確になりました。行動したいと思います。」
「思考と感情と行動を分けて考える。そしてできることを考える。このパターンで暮らしの他の部分にも生かせると感じました。」
「頭ではわかっているのに、なかなか災害に備えられていない自分に再度気が付かせてもらえました。家族の命を守る備えは、特に今からでも始めなくてはと思いましたので、何かしらの形で行動していこうと思います。」
などのご感想をいただきました。
 
このイベントで私たちがお伝えしたかったことを、参加してくださった皆さまがそれぞれに受け止めてくださり、とてもうれしく思っています。
ぜひ、今後の災害に備える具体的な行動につなげていただき、安心な暮らしを着実に手に入れてくださることを、実行委員一同願っております。
 
なお、イベントの収益から経費を差し引いた全額を国内被災地への支援金として寄付いたしますが、寄付先や金額については、後日、一般社団法人ライフオーガナイザー協会のホームページでご報告する予定です。
  
今後も、ライフオーガナイザーは、皆さまそれぞれの大切にしている価値観、優先順位を見える化する思考の整理をサポートし、「もっと楽に、もっと生きやすく」なる暮らしを手に入れるための提案をしてまいります。
  
災害の備えも、お片づけも、頭ではわかっているけれど、先延ばしにしてしまう…
備えても、片づけても、不安でいっぱい…
そんなお悩みをお持ちの方は、北海道のライフオーガナイザーにぜひお声掛けくださいね。
  
日本ライフオーガナイザー協会
HP http://jalo.jp/about/

日本ライフオーガナイザー協会 北海道チャプター公式HP
https://lifeorganizershokkaido.jimdo.com/
  
text:いっせー(ライフオーガナイザー®、メンタルオーガナイザー®)